いつでもどこでも活用できる「アロハシャツの着こなし」

アロハシャツの着こなし方画像

アロハシャツそのもののイメージは何となく浮かんでくる方も多いと思いますが、実際にどのようなコーディネートが良いのか?

相手に爽やかな夏らしい印象を与えることができるのか?

具体的な着こなし方で、迷われる方が多くいらっしゃるのではないかと思います。

そこで今回は、誰にでもアロハシャツをコーディネートできる方法についてご紹介します。

 

 

アロハシャツの選び方

アロハシャツを選ぶ重要なポイントは色、サイズ、プリントデザイン()3つです。

3つのポイント押さえておけばあなたに合うアロハシャツがみつかるでしょう。

 

自分に合う色を選ぶ

アロハシャツの色を選ぶ上で、無難にこなすならネイビーやブルーの寒色系をおススメします。

少し攻めてみたい人はオレンジや赤といった暖色系を選ぶことで鮮やかな演出が可能です。

大人っぽく都会的にコーディネートしたい人は黒や茶系でワンランク上の着こなしができます。

 

ご参考までに

肌の色とアロハシャツの色との相性についても少しお話いたします。

日焼けが気にならない人や元々肌の色が濃い人は、ほぼ何色でも似合います。

肌の白い人はネイビーやブルー系がおススメですが、どうしても赤やオレンジが着たい人は少しコーディネートが必要です。

ハットやサングラス(目の動きが見える薄目レンズ)でアクセントをプラスすることでバランスが良くなります。

アロハシャツの着こなし方画像

 

サイズはどうする

アロハシャツのサイズを選ぶ上で普段着ているサイズを選ぶのも良いですが、最近は少しゆったりとしたオーバーサイズの着こなしも多くなってきています。

その場合、丈が長すぎないデザインを選ぶようにしましょう。

丈が長すぎるとだらしなく見えてしまうことがあります。

また、普段の着こなしをスタイリッシュにキメている人は、体にフィットしたサイズ感が良いでしょう。

但し、あまり小さくならないように気を付けましょう。

アロハシャツの着こなし方画像

 

 

どんな柄(プリントデザイン)がおすすめ?

プリントデザインの特徴①

小柄(モチーフが比較的小さいプリントデザイン)は、アロハシャツ初心者の人におススメです。

通常のプリントシャツに近いデザインが多く、一見アロハシャツには見えないため、派手なデザインにちょっと抵抗がある方は小さめのプリントデザインから試着すると良いでしょう。

アロハシャツ プリントデザインの特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

プリントデザインの特徴②

プリントデザインの中柄(モチーフの大きさが15㎝以下のプリントデザイン)は、ハイビスカスやリーフ(葉っぱ)をモチーフにしたデザインが多く、小柄のプリントデザインに慣れてきたらチャレンジしたいプリントデザインです。

アロハシャツ プリントデザインの特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

プリントデザインの特徴③

大柄(モチーフの大きさが15センチ以上のプリントデザイン)は、大胆なデザインが多く、5枚~6枚以上アロハシャツを所有している方におススメです。

大柄のプリントデザインを着こなせればオシャレ上級者間違いなし!

アロハシャツ プリントデザインの特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

ご参考までに

モチーフの大きさには小柄、中柄、大柄のデザインがあります。

体型と柄(モチーフの大きさ)の選び方について少しお話いたします。

 

【細身体型タイプ】

基本小柄が似合いますが、どうしても大柄にトライしたい場合は少し工夫が必要です。

ボタンダウンカラーなどの台襟付カラーを選ぶことで様になります。

また、オープンカラーの場合はワンサイズ大きめのサイズでトレンドな着こなしを楽しめます。

 

【普通体型タイプ】

中柄と大柄が似合います。

注意点として、スタイリッシュに見せたい場合は大柄だと全体的に太った印象に見えてしまうので、小柄を選んでみても良いでしょう。

 

【筋肉質体型やふくよかな体型】

どんなプリントデザインでも似合う人が多いです。

 

最近は骨格診断という骨格別で素材や色、柄をセレクトできるコーディネートがありますが、アロハシャツの情報は少ないので逆に整理しにくい場合があります。

(普段の着こなしは骨格診断を参考にされた方が良いと思います)

 

 

ボトムとの合わせ方について

ボトムの合わせ方について

アロハシャツに合うボトムは何を履けばよいでしょう?

アロハシャツにはショートパンツが定番のイメージがありますが、様々なタイプのボトムと合わせることでコーディネートの幅が広がり、同じアロハシャツでも全く違う印象を与えることができます。

 

ショートパンツ(ハワイや沖縄は気軽さが一番)

アロハシャツの襟がボタンダウンのタイプなら、膝丈位のショートパンツスタイルやストレッチの効いたスウェットパンツ、ベルト通しがなくゴムや紐で調整可能なショートパンツなどが良いでしょう。

オープンカラー(開襟)にはデニム素材のショートパンツなどが合います。

軽快さはもちろんですが、リゾート地へ旅行に行くスタイルにもピッタリの装いではないでしょうか。

ショートパンツ画像ショートパンツ着用画像

 

ロングのイージーパンツはオープンカラーがおすすめ

都会でもリゾートでも応用が効くイージーパンツは、アロハシャツとの相性が抜群です。

イージーパンツは淡い色を選び、アロハシャツはゆったりしたサイズ感にすることがポイントです。

ロングのイージーパンツはオープンカラーがおすすめロングのイージーパンツはオープンカラーがおすすめ

デニムパンツ(ジーンズ)とのコーディネート

一番着回しが効きそうなデニムパンツは、どんな柄のアロハシャツとも相性抜群です。

だたし、少し気をつけなければならないのがスキニーデニム。

ピタッと窮屈な印象を与えてしまうため、アロハシャツとのバランスが取りにくい場合があるので、スリムタイプかストレートタイプにするとアロハシャツとのバランスがとれます。

昨今でおすすめなのはティーパートデニム。

ゆとりを持たせたサイズでコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

ホワイト()デニムはハワイや沖縄での本格的なリゾートにマッチします。

湘南や横浜、お台場エリアではクルーズパーティーや港の景観にマッチし、SNS映えするでしょう。

デニムパンツ(ジーンズ)とのコーディネートデニムパンツ(ジーンズ)とのコーディネート

スーツで合わせるタウンユーススタイル

アロハシャツの色味と近い色のボトムをコーディネートすると、派手なアロハシャツも都会で浮くことはありません。

お手持ちのスーツとアロハシャツを組み合わせれば、むしろ洗練したファッションを楽しむことができるでしょう。

スーツで合わせるタウンユーススタイルスーツで合わせるタウンユーススタイル

 

アロハシャツの様々なディテール

アロハシャツの様々なディテール

アロハシャツといえばオープンカラーを思い浮かべる方が少なくないのではないでしょうか?

オープンカラー以外にもボタンダウンカラー、イタリアンカラーなど様々あります。

裾もフラットタイプやドレスシャツのような湾曲しているラウンドと呼ばれる部分(ディティール)を少し覚えておくと便利なのでご紹介しましょう。

 

オープンカラーはリゾートの代名詞

アロハシャツと言えば、オープンカラー(開襟)というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

確かにオープンカラー(開襟)は一番コーディネートしやすい襟ですが、ラフでリゾートな爽やかな感じをキープする着こなしは一歩間違えるとだらしなく不快な印象を与えてしまう場合もあります。

また、髭を生やしている方はこまめにお手入れをおこない、ジュエリーやアクセサリーは過剰につけ過ぎないよう気を付けましょう。

肌の白い人はインナーにプリントTシャツなどで少しボリューム感を与え、ボタンは締めず羽織るイメージで着こなせば開放的な印象を与えます。

また日焼けした肌の人は、インナーを着ても良いですし、素肌にそのまま羽織るのもワイルドさを協調できるので良いでしょう。(ただし、前ボタンは締めましょう)

オープンカラーはリゾートの代名詞オープンカラーはリゾートの代名詞

 

最初はボタンダウンカラーが良い

アロハシャツ初心者の人はボタンダウンシャツから着てみると良いでしょう。

ボタンダウンシャツは第1ボタンまできっちりとめる必要はなく、気軽に着ることができるでしょう。(ボタンを全部締めても良いと思います)

最初はボタンダウンカラーが良い最初はボタンダウンカラーが良い

 

アロハの裾はフラット(真っすぐ)がスタンダードカラー

ほとんどのアロハシャツは裾が真っすぐな「フラット」と呼ばれるラインが多いです。

理由はハワイが温暖な気候のため、パンツの中に入れるよりは、シャツをパンツから出して着る風習が定着しているからです。

特に硬苦しいルールがあるわけではないので裾はTPOに合わせお好みでお選びください。

アロハの裾はフラット(真っすぐ)がスタンダードカラーアロハの裾はフラット(真っすぐ)がスタンダードカラー

 

ラウンドと呼ばれるドレスシャツの裾も注目

ここ10年位から、様々なブランドが夏の装いにアロハシャツからインスピレーションされたアロハシャツを多く出しています。

中でもジャケットやスーツなどとコーディネートするためにデザインされたアロハシャツも多く登場してきました。

ラウンドは全体のシルエットもスタイリッシュで体にフィットしたラインのものが多く、都会でも夏らしさを印象付け、少し凛々しい雰囲気を楽しむことができます。 

 

シューズは何を履けばいい?

アロハシャツに合うシューズはロケーションを重視してコーディネートしてみましょう。

 

スニーカーでカジュアルに

最近多く見かけるのがスニーカーとのコーディネートです。

履きやすくて動きやすく、気軽なスニーカーはアロハシャツとの相性は抜群です。

ただし、スニーカーはハイカットやローカットタイプや、目的に応じたランニング用・アウトドア用・バスケット用など、種類も多く用途も様々なため、極端に偏りがないデザインを選ぶと良いでしょう。

また、トレッキングシューズのようなジャンルに特化し過ぎるシューズをチョイスするよりも、最初は布製のスリップオン(ひもなし)を選ぶ方が良いでしょう。

シャツの色と合わせて、同じ色のスニーカーを選び、遊び心を演出してみるのも良いでしょう。

ハイカットスニーカーとコーディネートする場合は、パンツの裾を折り返して履くと軽快なイメージを表現することができます。

スニーカーでカジュアルに

 

エスパドリーユは都会やヨットハーバーで大活躍

エスパドリーユはレザーや合皮、布製など種類が様々です。例えば、ヨットハーバーや港町界隈、クルージングといったマリンテイストが漂うロケーションでアロハシャツを着る際には布製のエスパドリーユがおススメです。

都会では皮や合皮のエスパドリーユがアロハシャツを上品に演出してくれます。

エスパドリーユは都会やヨットハーバーで大活躍

 

 

サンダル(グルカタイプ)は今っぽく合わせる

フラットなタイプや、コンフォートスタイルのサンダルは、アロハシャツの魅力引き出すアイテムのひとつですが、最近注目されているのは「グルカサンダル」とのコーディネートです。

グルカは民族衣装からの由来で、アロハシャツが持つワーキングシャツからの着想と相性が良いのです。

合わせるパンツもゆったりとしたシルエットのものがおススメです。

サンダル(グルカタイプ)は今っぽく合わせる

 

ビーチサンダルはこなれたイメージが大切

ビーチサンダルはハワイや沖縄などのリゾートエリアでは突然のスコールやビーチが近い環境の為、水に濡れても不快感を軽減できる必須アイテムとも言えます。

そのためアロハシャツとセットのイメージが強いですが、コーディネートというよりはロケーションを重視するようにしましょう。

例えば、ビーチサンダルを履きなれていない人や足の甲が高い人は、長時間履くと擦れて痛くなってしまうので、スリッパタイプが良いでしょう。

ビーチサンダルはこなれたイメージが大切

 

街の外観にフィットするローファーとの着こなし

タウンユースでのアロハシャツは毎日リゾート気分という訳にはいかないでしょう。

しかし、都会でもしっかりとアロハシャツを着こなしたいという方には、ローファーとのコーディネートをおススメします。

ボトムとの組み合わせで3つのパターンを楽しむことができます。

街の外観にフィットするローファーとの着こなし

 

①フットカバーソックス(素足に見えるソックス)で小技を効かせる

②カラーソックスでスパイスを効かせる、

③ボトムをロールアップさせる

など同じローファーとボトムでも、全く違う印象を簡単に与えることができるのでトライしてみましょう。

 

少し慣れてきたらチノパンやショートパンツ、ジョガーパンツなどでも楽しむことができます。

また、長袖のアロハシャツはローファーとの組み合わせは、更に楽しさを倍増させることができるでしょう。

 

シュチュエーション別着こなし

タウンやリゾート、アウトドアやインドアなど私たちのライフシーンは様々なシチュエーションがありますが、どのようなシーンでどのようにアロハシャツを着こなせば良いのか?いくつかご紹介しましょう。

 

リゾート編

リゾートでおすすめのアロハシャツはトロピカルムードが漂うデザインや、植物や海の風景が描かれているデザインのものです。

旅先では多くの方がトランクケースなどに詰めていくため、シワになりにくいとかシワになってもヨレヨレな感じに見えない素材をチョイスしましょう。

最近は上下セットアップのデザインも増えてきました。

シュチュエーション別着こなし

 

フェス編

野外で人との距離感が近いシチュエーションの場合、ポップアートを感じるデザインがおススメです。

楽器や音符がちりばめられたデザインはムードを盛り上げてくれるでしょう。

ただし、人ごみになり易い環境なので周囲の人に足を踏まれる可能性が高い為サンダルは極力避けましょう。

アウトドアシューズやスニーカーで安心感を確保して、気分良く楽しむ時間を大切にしたいですね。

・フェス編 野外で人との距離感が近いシチュエーションの場合、ポップアートを感じるデザインがおススメです。楽器や音符がちりばめられたデザインはムードを盛り上げてくれるでしょう。ただし、人ごみになり易い環境なので周囲の人に足を踏まれる可能性が高い為サンダルは極力避けましょう。アウトドアシューズやスニーカーで安心感を確保して、気分良く楽しむ時間を大切にしたいですね。

 

シュチュエーション別着こなし大切にしたいですね。

 

アウトドア編

サマーシーズンは、ビーチや渓谷でのキャンプやグランピングなどでアロハシャツをチョイスして空間を演出してみましょう。

山沿いの渓谷ならアニマル柄や川魚のプリントデザインのアロハシャツなど、シチュエーションや景観を考慮してプリントデザインを選ぶと良いでしょう。

河や海は水に濡れやすいので、速乾性の良い素材のアロハシャツがおススメです。

シュチュエーション別着こなし

 

スポーツ観戦

最近はプロスポーツチームのオフィシャル「アロハシャツ」を制作しているチームを増えています。

少し攻めた着こなしも良いでしょう。

着こなすというよりもハロウィン感覚でコスプレするイメージで、アスリートのプレイに一喜一憂するのも良いでしょう。

スポーツ観戦

 

お家・お部屋編

最近はリモートでの会議や打ち合わせで、お家やお部屋で過ごす時間が長くなり、ついついリラックス過ぎるコーディネートになってしまうという方は、アロハシャツをリモートミーティングに着てみましょう。

リモートミーティングなら、Tシャツでも問題ないという企業や取引先であれば、アロハシャツで気分を変えてみるのも良いでしょう。

ただし、「爽やかさ」「清潔感」の印象は大切にしましょう。これを外してしまうと、中には不謹慎な印象を持ってしまう人も居るので注意が必要です。

アロハシャツは派手過ぎず、地味過ぎないがポイントです。

庭が南国系の植物やお部屋に観葉植物を多く所有している方はアロハシャツに着替えるだけで南国気分になれます。

お家で、お部屋編

 

街中編

最近は電車でもアロハシャツを着こなしている方が増えてきています。

東京でも8月になると連日の猛暑日で、逆にハワイや沖縄が避暑地に思えるくらいに厳しい暑さの日が増えています。

Tシャツは猛暑には欠かせないアイテムですが、汗が止まらない場合は少し乾きにくい場面もあります。

そんなシュチュエーションにおいて、アロハシャツは非常に最適なアイテムと言えます。

最近増えてきているのが生地の透け感がなく、凹凸感がある生地も増えてきて、肌着(インナー)を着なくても着こなせる素材も増えてきました。

凹凸感のある生地は素肌の密着度を減らし、体にまとわりつく感じがないので汗をかいても乾きやすく清々しい気分をキープ出来ます。(どうしてもシャツの下はインナーでないと気になるという方はVネックタイプがおススメです)

 

コーディネートのポイントは、衿から決めて行きましょう。

都会の中にある遊園地やテーマパークや映画館、博物館や美術館は遊び心のあるオープンカラーがおススメです。

この場合、派手目のアロハシャツでも良いでしょう。

但し、刺激的で攻撃的なデザインは避けるようにしましょう。

主張は自由ですが、TPOに合わせた身だしなみも大切です。

(クラックコンサート等はドレスコードを確認してください)

ショッピングにはボタンダウンやイタリアンカラーで少し上品さを引き出しましょう。

この場合も、リラックスな雰囲気を忘れずに。

街中編

 

夜の街編

クラブやイベント、ライブハウスにアロハシャツを着ていく場合、普段のアクションとは異なり激しい動きが多くなります。

このような場面で重要なのは「ぱっと見のインパクト」は意識しても良いですが、異性の視線や周りの視線は意識しましょう。

人の視線と印象についてアロハシャツをクラブに着て行きたいという気持ちを尊重し、「あの人、ちょっと派手過ぎ」という狙いであれば思い切り「派手な」アロハシャツで決めましょう。

それとは別に「もっとクールに目立ちたい」という方は、黒系で決めるとクールな印象が更に増します。

カフェやビアホールの着こなしは重ね着(レイヤード)をお勧めします。

まとめ

アロハシャツといっても、コーディネートはシュチュエーションや組み合わせるアイテムによって様々です。

①自分に合う色を知っておきましょう。

分からない場合はブルー系やネイビー系からスタートして、徐々にオレンジや赤もトライしてみてください。

②プリントデザインンの種類を把握しておきましょう。

アロハシャツのプリントデザインは植物や生き物、風景からインスピレーションされたデザインが多く、自分に合うデザインを十分吟味して選びましょう。もちろんご自身が好きなデザインを選択することも大切です。

③アロハシャツのディティール(衿や裾の形)も知っておきましょう。

いきなり大胆なオープンカラーを着こなす自信がない方は、ボタンダウンから初めても良いですね。

④ボトムとの合わせ方はいろいろ。

ショートパンツは勿論、デニムやジョガーパンツのコーディネートはアロハシャツの着こなしの幅を広げ、相手に対する印象も単調に見えにくくしてくれます。

⑤シューズとのコーディネート

ボトムとの合わせ方で一緒にコーディネートするとバリエーションは更に広がります。

⑥シュチュエーションは大切です。

旅行や街中、様々なシュチュエーションを想定しながら、楽しい時間を過ごせるコーディネートで夏を演出しましょう。

 

是非あなたに合ったアロハシャツの着こなしを見つけてみてください。

PAGETOP