blog
ブログ

デザインの表情

<

今見たいもの

今どこに行きたいと聞かれたら、そうですね。奈良の興福寺です、そこで見たいもの、阿修羅像の表情とポーズです。

僕は歴史や仏像に興味があるわけでも信仰心があるわけではなおですが、この阿修羅像の表情は良いですね、特に喜怒哀楽がないとことでしょうか。

書籍やネットでも見れますが、やはり実物を拝見したいです。




見る側と、見られる側

恐らく阿修羅像を好きな方は殆ど気づいていると思いますが、見る人の心境で、修羅象の表情が微笑んで見えたり、怒って見えたり、悲しんで見えたりと、何ですかねぇ~とにかく飽きないです。阿修羅像自体が変化しているわけではないのに不思議です。心の持ちようというのでしょうか?面白いですよね。(余談ですが、阿修羅がなぜこのような表情なのか?調べよう聞いてみよう思いつつ、阿修羅について何も知りません。ただ好きなだけです、好きな理由!他の仏像にないスマートさ!!)

 

 

 

環境や視点を変える

  生地のプリントデザインも表情があります。同じモチーフ(例えばハイビスカスにしても)でも、色が淡いとか暗いとか、素材が厚いとか薄いとか、蛍光灯の光と太陽の光とか、それだけで表情が変わります、最初に想定していたイメージと出来上がりのイメージが全然違う、なんてことは日常茶飯事、かといって後戻りできない。そんな時に「阿修羅像」を拝むと、なんとなく心が落ち着いたような気がする!!そう気がするだけ。

なので、デザインやディレクションしているときはできるだけ現実的なことや先入観を頭から取り除いて考えることにしています。ほとんでできませんが()

 

 

PAGETOP